高野設計工房 > 構造・工法について

構造・工法について

高野設計工房では構造、工法については

木造在来、RC造軸組工法などを用いた建物を多く手がけてまいりました。

しかし、近年ではお客様にはKES構法という特殊な工法をお勧めしています。

 

 KES構法とは?

 

1、世界が認めた最先端の接合金物による驚異的な強度と自由度

在来軸組工法の最大の弱点といわれる接合部分。KES構法はその最大の弱点をオリジナルの接合金物を用いることで徹底的に強化。従来軸組工法では得られない強度を実現しました。

 

kes1-2.jpg

KES構法のオリジナル金物には他の接合金物には見られない独自の「引っかけ」部分と「梁受け」部分があります。これにより強度を高め、施工性を高めています。

 

2、木造建築最大のウィークポイントを排除し、木材の強度を最大に活かします

従来軸組工法では「仕口」や「継ぎ手」の加工が必要となり、構造的に重要な柱や梁を削り取る加工が一般的でした。その為、本来木材がもっているはずの強度を弱めてしまい、木造建築の弱点の一つとなっていたのです。

KES構法はオリジナルの接合金物を使用することで解決。柱や梁を大きく削ることなく接合部を頑丈に緊結し、従来軸組工法に比べ接合部強度を飛躍的に高めることに成功しました。

 

kes1.jpg

 

3、優れた耐力・耐久性能により、将来への対策も万全

KES構法は日本古来の神社仏閣の柱の考え方と同様に柱を基礎に直接緊結し、地震などの力を基礎に伝えて分散させます。 一方、従来軸組工法では土台の上に柱が乗るため、大きな荷重がかかる場合には土台にめり込みや割れが発生する可能性があり、構造強度に大きな差が出るのです。

 

kes3.jpg

 

4、阪神大震災にも無傷だったKES構法の住宅

阪神大震災の時、特に被害の大きかった神戸市灘区にあったN邸はKES構法の3階建て住宅。周囲の鉄筋コンクリート3階建てマンションですら倒壊したこの地域で尊い生命と財産を守り、他工法と比較にならない違いを実証しました。

kes4.jpg

※阪神大震災により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

5KES構法で建築した栗駒総合支所が災害対策本部に!

所在地である栗原市は、2008年の岩手・宮城内陸地震では最大震度6強、2011年の東日本大震災では最大震度7を観測しました。最大震度を観測した地域であり、周辺では地割れや土石流が起きる中、KES構法により、無傷でありました。 2度の地震とも、現地災害対策本部となりました。この地震で被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。被災地域の皆様には一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

 

 

6、豊富なバリエーションで自由度が高く、強固な空間を実現  

KES構法は構造強度に優れるため、自由な空間を設定でき、限られた空間をダイナミックに利用することが可能です。狭小間口の車庫付き住宅など都市部の住宅から、公共施設などの大規模な建築物に至るまで豊富なバリエーションで家族の安心とオリジナリティー溢れる空間作りを実現しています。

ダイナミックな吹き抜けや大開口も思いのままに実現でき、家族構成やライフスタイルの変化に増改築など柔軟に対応できます。三世代にわたって資産価値を保ち続け、木のぬくもりに包まれる快適な暮らしを提案しています。

↓KES構法ならではの大胆な空間を持つリビング

IMG_9675_R.JPG

 

 
bannar3.JPG

 

▲このページのトップへ